居抜き物件とはどんな意味

居酒屋さんとかラーメン屋さんを開業したい考えた時、居抜きの物件を探す人が多くいます。この居抜きの物件と言われるものは、今すぐにでも開業することが、可能な状態の物件を言います。つまり、お店として必要と考えられる設備が、揃っていると言うことになります。ですから、出店のための費用や出店した費用を一日も早く回収したいと考える人にとっては、良いものと考えられます。ただし、そこには全てが中古の設備であり、新品の設備ではありません。基本的にこのようなお店を開くような物件を借りる時には、スケルトン状態が普通です。そこに自分が必要な設備を整えることが一般的なことですが、以前商売をしていた人が残していった設備を使うことを、居抜き物件と呼ぶようになった訳です。トイレなどを自分で新しくしても、居抜きの物件と呼ばれます。

居抜き物件を選択するメリット

新たに店舗を開業するために物件探しを行う場合、居抜き物件を選択することで様々なメリットを得ることができます。費用面におけるメリットとしては、物件内に残されている設備や道具などをそのまま活用することができるため、新たに購入する必要が無く、初期費用を大幅に抑えることができます。また、開業までの期間においてもメリットがあり、大規模な内装工事を行わずに開業することができるため、開業までの期間の短縮を図ることができます。居抜き物件を選択する際には、自分の希望する店舗のジャンルに合った物件を見つけることが重要で、よりスムーズな開業につながります。また、物件内に残されている設備や道具などの状態を実際にチェックし、良好な状態であることを確認した上で物件を決めることも重要です。なお、信頼できる業者を通して物件探しを行うことで、より良い居抜き物件を見つけることができます。

居抜き物件のメリット

テナントとして入った事業者が退去する際には原状回復をしなければならないことになっているのが普通です。原状回復というのは不動産業界で使われる用語です。借りた人に義務化されていることが多いです。ほとんどの場合、完全に借り始めたときの元に戻すというわけではありませんが、テナントとして入っていた事業者が退去する際は設備を撤去したり、店舗の内装を剥がしたり、解体するのも珍しくないです。一方、退去前に借主が変わることを大家さんに了承してもらって借りる物件のことを「居抜き物件」と呼んでいます。新しく借りる人は新たに設備を買わなくていいですし、内装もそのまま使うことができるので、初期の費用を抑えられます。そういうわけですから費用の点でメリットがあります。本来なら必要な内装工事の期間がないので、すぐに開業できることになります。なお、居抜き物件は飲食店だけとは限りません。

多くの不動産会社様から物件情報を配信しております。 東京都内の居抜き物件の買取、売却なら業界NO。1の実績を誇る居抜きカフェにお任せください! 新鮮な物件情報が多く、スピーディーに対応が可能な居抜き物件情報サイトです! お客様に最適な物件情報を毎日メールで配信、前日夜には詳細情報を掲載中です。 当日内見は11時までのお問い合わせなら可能です 居抜き物件なら居抜きカフェへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)